レコーディング

今日はTrue Vineの素子さんが手伝ってくださって、Tree of Lifeのレコーディングに行ってきました。

ゴスペルグループのCDの伴奏としてビオラで賛美をする。

驚きの話です……!!

ビオラを長く弾いていますが、CDの収録に用いられるとは思ってもみなかったことで、夢みたいなことです。

それが実際に現実になるとは(OvO)

昔の私に伝えたらどんな反応するのでしょう??

それくらい驚くことなので、神様に感謝です✨

私自身に課題がたくさんあります。

テクニック的な技術面に、アレンジにおいても。

今回ビオラで「ここの部分をアレンジしてほしい」と言われ、でもなかなか形にならず、結局できたのは行きの電車の中でのこと(笑)

祈っては考え、祈っては考え、でした(-∀-)

あと、右手の弓の運弓が衰えてます。

音が抜ける、維持できない、曲がる、様々。

大学オケを引退して弾く量が少なくなって10年近く。

毎週の教会の礼拝賛美だけでは、明らかに維持できない。

自分で時間を作って練習しなくてはいけない。

そのことを改めて思わされました。

ですが、現実的に厳しい状況にあり、そのことも神様はご存知で許されていることなので、感謝します。

.

今日のレコーディング、いつもよりもさらに神様の歌詞の言葉を覚えながらビオラを弾きました。

レコーディングの中で、賛美しながらビオラを弾く中で、神様と出会いました。

自分がなすべき分、全うできたことを信じつつさらに祈りたいと思います。

**

今日は誕生日でした?

誕生日にCDのレコーディングをする。

それも祝福ですね(๑˘ ˘๑)*.。

アイリッシュ

神様から与えられる課題は毎回難しいのですが、

今回もまた初挑戦がありました。

アイルランド民謡。

これは本当に初めてで、私が今まで弾いてこなかった分野です。

というかそもそも、クラシックじゃないし(-∀-)

バイオリン(ビオラ)じゃなくフィドルを目指す。

どうやって( ̄□ ̄;)!?

バイオリンとフィドル、楽器は同じですが、ボーイングがまったく違います。

その上私はリズムも苦手なのでさらに……。

でもできたら楽しいだろうなぁ(・ω・`)

そう思いながらアレンジしていました。

フィドル、習う??

アイリッシュ、弾けるようになりたい(・ω・`)

**

今回この曲は自信がなく引き気味で録音してしまったので、そのことは悔い改めたいと思います。

個々でアレンジを考え、どう完成されるのかわからず不安しかなかったのですが、最後合わせたのを聴いたらしっくりきました。

「聖書は神様の霊感によって書かれた」とあります。

今回のこの曲はみんなで合わせて練習する時間はほとんどなく、みんなで持ち寄って完成させたような形です。

なので聖書のように神様が最初から最後まで働いてくださればと祈っていました。

きっと神様が中心にいてくださってみんなのアレンジを導いてくださった。

そのように感じています(*^_^*)